UNマシンを使った、短時間・少人数で施工できるウレタン防水工事なら、化研マテリアル株式会社が運営する「ウレタン圧送UNマシン レンタルシステム.COM」

東京都港区西新橋2丁目35番6号 第3松井ビル

お気軽にお問合せください

03-3436-1324

営業時間

08:30~17:00

よくあるご質問


ここではよくあるご質問をご紹介します。どうぞ参考にしてください。商品・サービスについてご不明点がございましたら、どうぞお気軽に化研マテリアル営業推進部UNチームまでお問合せ下さい。メールでのお問合せも受け付けております。
 

UNマシンはどんな材料に適応するのですか?

サラセーヌK・A・EZ・D・H・などほとんどの汎用材に適応します。
(現在AZのみ使用控えています)

UNマシンのホースはどれくらいの長さですか?

70mです 住宅棟15階程度なら圧送可能となっています。

UNマシンの現場での設置スペースはどのくらい必要ですか?

幅3.0m 長さ9.0m作業スペースが必要です(傾斜地不可)。高さは2.5m以上必要ですが 5号機は2.3mでの対応が可能です。

UNマシンを利用する場合どのくらいの規模の現場だとメリットが出るのでしょうか?

利用される方の考え方により小規模現場でもメリットを感じて頂けますが、目に見えて実感できる規模は500㎡以上かと思われます。
(250㎡でのご使用実績もございます)

立上り部の施工は出来ますか?

基本的に平場の施工時に利用頂きます。立上り部の施工は従来通りの方法で平場施工前に仕上げておいて下さい。

ドラム内帯袋等 発生材の処分はどうするのですか?

ドラム缶の内袋、それらの廃材・残材等は現場での処分をお願いしています。目安として1,000㎡でゴミ袋2つとなっております。

空ドラムの大きさ重さを教えて下さい?

約、高さが90cm、フタの直径61cm(円筒) 重さは約22kgです

使用済み空ドラムの引上げは可能ですか?

1都(東京都)3県(神奈川・埼玉・千葉県)に関して弊社、産廃チームが1缶1,500円で引上げさせて頂きます。2トン車で1回MAX28缶 4トン車でMAX38缶引上げ可能です。

希釈はどのように行いますか?

UNマシンオペレーターが、お客様の希望に合わせて希釈材をドラム缶に投入します(メーカー推奨5%以内)ホースから出てくる時には希釈された材料がでます。
また、作業終了後の機械洗浄用に洗浄材1缶ご用意願います。

施工にあたっては、どのくらいの作業者が必要ですか?

例として1,500㎡程度の現場では塗り手=2~3名、運び手=1~2名 先端ノズル操作=1名程が標準です。

他社の圧送マシンとは、基本的にどこが違うのでしょうか?

大きな違いは 他社の機械ではドラム缶での専用材料を使用しますが、 UNマシンは汎用の各種材料に対応していますので、当然少量の継ぎ足しが可能で材料のムダがありません。

UN施工予定日が雨で出来なくなったらどうなりますか?

雨の日等を見込んで必ず予備日を設けていますのでご安心下さい。その為に当社オペレーターが現場訪問し打合せさせて頂きます。但しお客様都合で大きくスケジュール変更があり新たなご希望日に先約埋まっている場合もございますのであらかじめご了承願います。

UNマシンを使用する場合、最低㎡数はどれくらいからできますか?

最低使用量は現場面積ではなく、使用する材料の量で決まります。
ドラム缶にポンプを設置して施工作業しますので、540kgのドラムセット2kg/㎡の場合なら270㎡、1kg/㎡の場合なら540㎡となります。

UNマシンの音はどのくらいですか?

学校案件などで聞かれますが、通常マシンで70~80デジベル(地下鉄内程度)、7号機静音タイプで60~65デジベル(デパート内程度)となっています。参考資料下記銀の汗Again4号

希釈材、硬化促進剤などの保管について注意事項はありますか?

お客様管理の材料に関しては、基本屋内保管で雨水が直接当たらない場所での保管をお願いします、止む終えず野外保管の場合は、雨水等侵入しない様に養生をお願い致します。(注意事項下記チラシ)